スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAOコン買いました

どうもお久しぶりですkzznです。
一ヶ月ほど前にDAOコンを購入したので使用した感じとかをレビューしていきたいと思います!

長くなるので追記から

購入したDAOコンは「Platinum Edition Evolution 2013」です。通称PEE2と呼ばれているものだと思います。
購入したのはGAMO2で、日にちは忘れましたが銀行振り込みで振り込みしてから5日くらいで届きました。もっとかかると思ってたんですけど意外と早かったです!

届いた時の状態がこちら



上に乗っているマキシマ先輩と比べてみましたがめちゃくちゃデカイです!

早速開けていきます!





すげえええええええ!!!って感じでめっちゃ興奮しました!
もちろん光ります!



オプションは
スクラッチLEDが白
鍵盤とスタートセレクトがピンク
パネルはデフォルトのシルバー
ボタンとマイクロスイッチもデフォルトです(この後買っておいた三和ボタンとオムロンスイッチに付け替えました。全部白鍵になってます。)

細かい所を見ていきましょう

スクラッチ部分(PEE2には通称EMP皿というものがデフォルトでは付いてないので別で購入して貼り付けました)






鍵盤部分







スタートセレクト部分




ACさながらですね。このPEE2というモデルはスクラッチの大きさがACと同じです!
他にもFP7やFPSなどのモデルがあります(そちらはスクラッチの大きさが変わる分値段も安くなります)

接続端子の画像を撮り忘れたのですが、コントローラーを動かす端子が二つ(USBとPS2端子のどちらかを接続します)とLEDへの電力を供給するUSB端子が一つの合計3つです。


裏蓋には滑り止めの足が4つ付いています。




それでは裏蓋を外して中を見ていきましょう
裏蓋は磁石でくっついていて簡単に外すことができます(結構強力デスw)







鍵盤側に緩衝材的な物を静穏化(ほとんど変わらない気がする)のために入れてますが結構スカスカです。
スカスカなのでバネのビョイーンみたいな音と鍵盤を叩く音が反響して結構響きます。
一応静穏化する方法があるみたいなので気になる方は調べてみてください。

僕は前に虹コンを持っていたのですが、やはり大きい分メンテナンスは行いやすいですし、虹コンは配線が全部白なのに対してDAOのほうは色分けされているのでこれもいいですね。

あとGAMO2のほうで販売されているシリコンパッドも購入してみました



静穏化に使う物で、鍵盤を叩いた時に当たる下に貼って音を静かにするという物ですが、僕は三和ボタンに使ったんですけどほとんど変わらない気がしますし(若干静穏されてる感じはしました)、少しストロークが短くなって押す場所によってはマイクロスイッチまでストロークが届かない時がありました。
DAOボタンは試していませんが三和ボタンとは相性が良くないかもしれませんね(もしかしたら僕の貼り方が悪かったのかも、、、、)

そして静穏化の話題が出ましたが、音に関してはやはり結構うるさいので家で迷惑になったりする可能性もあります。そんな時は、、、、



























やはり外でしょう。
これに関しては結構気になってる人もいたのではないでしょうか。
これなら家族の迷惑にならずに楽しめます!
せっかくの休日、開放感がある場所でプレイしたい!なんて人にもオススメですね。
ちなみに昼にやると画面がほとんど見えません。


まとめ
以上がPEE2のレビューです!
僕的には大満足で買ってよかったです!

他の方も書いているとは思いますがDAOコンは個人製作なので多少の傷があったりしますがこれはしかたないです。

これから買う人のためになればなと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました( ^_^)/~~~

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。