スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WattoG3 ※代理

WattoG3の作り方です
WattoG3

材料
G3×2(軸×1、グリップ7ブロック、キャップ内ゴム×2)
プレカラ×1(軸)
G2グリップ2ブロック
ハイパージェル×1(グリップ、キャップ)
エアブラングリップ×1
エニボ1ブロック(ペン先から)
セラゲル1ブロック(凹凸一組)
ゲルローラー×1(チップ、キャップ内ゴム)
ラウンドスティックEZ(無印やRSGでもいける?)×1(ペン尻)
フィットカーブ×1(リング)
エアフィ×1(リング)
HFチップ×1


いつもの
G3を完全に分解し、突起等を全て削る(結構削る)
 
☆キャップ
1.ハパジェルキャップのクリップを折る
2.ハパジェルグリップをペン先側から5mm程度切る
ハパジェルグリップ

3.ラウンドスティックのペン尻を取り、ゲルローラーチップにはめる
ゲルローラー+ラウンドスティック

4.3をハパジェルグリップの長い方にはめキャップに入れる
ハパジェル+ゲルローラー+ラウンドスティック

☆ペン先
1.プレカラの太字の方からペン先パーツを外し、1.4㎝切り出す(以降プレカラ小パーツ)
プレカラパーツ小

2.プレカラ細字の方からボディ部分を2.7㎝になるよう切り出す(以降プレカラ大パーツ)
プレカラパーツ大

3.G3キャップを根元から1.2㎝に切り出す
G3キャップ

4.G3キャップ内ゴム2つをくり抜く
G3キャップ内のあれ

5.G3キャップ内ゴムをHFチップに入れる
HGG+G3のあれ

6.HFチップをプレカラ大パーツのペン先につける
プレカラパーツ大+HGGチップ

7.エアフィリングにセラゲル1ブロックをはめ、G3キャップの切断面を隠すようにつける
エアフィリング+セラゲル

8.プレカラ大パーツにエニボ1ブロックをはめ、ペン先側からG3キャップを固定する
IMG_3477.jpg

9.プレカラ小パーツの切断していない方にG3グリップ4ブロックをはめる
 この時、2ブロックはみ出るようにし、そこの中にG3キャップ内ゴムをはめる
G3のあれが入りました

10.プレカラ小パーツをプレカラ大パーツにつけ、その上にエアブラングリップを被せ、プレカラ小パーツに沿って切る
G3グリップついたよ

11.はみ出ているG3グリップの上に2ブロックのG3グリップを2重にしてつけ、フィットカーブリングをはめる
IMG_3482.jpg

12.G3キャップ内にインサを入れG3グリップ1ブロックで固定する。その後ペン先のはみ出ているグリップの上にG2グリップを2ブロック被せる。
プレカラ大パーツの中にゲルローラーキャップ内ゴムを入れる
ゲルローラーのあれが入りました


13.G3本体にハパジェルグリップ5mmをつけペン先パーツをつける
IMG_3485.jpg

14.G3本体にキャップをテープなどで固定する

完成
WattoG3

なかなか面倒な作業が多いですがバランスが良く回してて楽しいペンです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ゲルローラーってどのようなペンでしょうか…?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。